BLおじさんの中毒日記

アフェリエイトでBLを読みたいゼ!

ナチュラチュラリィ/ 市川けい

 

ナチュラチュラリィ (ビーボーイコミックスデラックス)

ナチュラチュラリィ (ビーボーイコミックスデラックス)

 

双子の兄と私。好きなものも、嫌いなものも同じ。なにをするにもいつも一緒で、ずっと側に居るんだと思ってた、当たり前みたいに。でも、兄を好きだという男が現れた。永遠に続くと思っていた二人の世界は崩れはじめ――…!? 女子視点でBLを描いた話題作。描き下ろしも収録! 

あらすじの通り、双子の兄をもっと出せ!と思っても妹のモノローグで話は進んでいきます。ちょっと待て!ホモはどうした!ホモは!? さて、デビュー作の「スロースターター」を読んだ時に、ひさしぶりに胸キュンできる人がきたと思って、そのあともしばらくキュン死にさせてくれた市川先生だったけど、最近は失速気味でした。ひさしぶりにあらすじでキュン死にできるかもと思って読んだけど、タチであろう表紙左の男子のニターっとした笑顔がずっと気になって、やっぱりいまひとつでした。やはりBLは男子が葛藤の末に付き合う、というコースがないと…

しかしなにより問題なのは、この双子の設定がいくえみ綾の「バラ色の明日」にでてくるイチとナナだっつーことです。この本はそもそも短編集で、収録されている「ステップワン」にいたっては絵柄がまんまいくえみ綾。そうか…いくえみ好きとしてはたまらないわけだ。そんなわけで、キュンはするけど死なない程度のキュン。さんざん文句をいっておきながら☆4つです。